貿易証明について

 久留米商工会議所では ①原産地証明 ②サイン証明 の2種類の証明を発行しております。

 

商工会議所の証明について

商工会議所では、貿易関係業者の皆様の貿易取引の便益に供するため、原産地証明書をはじめとする貿易関係の証明を長年にわたって発給しております。

これは、商工会議所が商工会議所法(昭和28年法律第143号)によって公的な団体として位置づけられ、貿易取引の円滑な進展によって、わが国の地域経済の振興と発展に寄与することを求められるとともに、商工会議所(商業会議所)という国際的な広がりを持った組織であることを背景としています。商工会議所では、経済産業省の指導の下に公正かつ厳正な発給を行い、国際的な責務を果たすことが期待されております。

原産地証明書の発給について

ジュネーヴ条約に基づいて、条約を批准した各国がそれぞれ発給機関を定めて発給を行わせることとなっており、わが国では商工会議所が発給機関の一つとして位置づけられ、年間約60万件を超える原産地証明書を発給しております。わが国以外においても、商工会議所(商業会議所)が発給機関として位置づけられ、それぞれ厳格な発給規則に基づいて、証明を発給しているのが大勢となっております。

現在、原産地証明書の発給は、①輸入国の法律・規則に基づく要請、ならびに②契約や信用状における指定といった二つに大別され、後者の比率が年々高まっております。しかしながら、原産地証明書の記載事項は、あくまでも発給機関の定める発給規則に基づいて作成されることが大前提となりますので、契約や信用状取引を行う場合には商工会議所の発給規則と矛盾する条件とならないように注意されることが必要となります。

原産地証明書・サイン証明書の発給要件

久留米商工会議所で原産地証明書もしくはサイン証明書を発給するには

①久留米商工会議所の会員企業であること→入会手続きについてはコチラ
②久留米商工会議所に貿易登録をしていること(2年ごとに更新あり)

の2つを大きな発給要件としております。

発給までの具体的な流れ

①登録手続き   (必要書類を窓口または郵送で受け取る)
②申請書類の作成 (書類への記入・捺印と必要書類の取得)
③申請書類の提出 (揃えた書類を窓口、または郵送で提出。確認後、発給可能に)
④事前審査    (FAXまたはメールにて担当が事前に審査)
⑤証明書の交付  (窓口で交付)

※詳しい内容は担当がご説明いたしますので、下記までご連絡をお願いいたします。

入力フォーム等ダウンロード集

原産地証明書入力フォーム

・サイン証明書サンプル一覧(東京商工会議所の証明センターHPにつながります)

原産地証明等申請書見本(PDF)

・サイン証明申請書見本(PDF)

お問合せ

久留米商工会議所 会員サービス課 原産地証明担当
電話:0942-33-0215 FAX:0942-33-0933