メイドイン久留米展とは
久留米市内の中小・小規模事業者の新たな販路拡大を支援するため、大手小売店等とのマッチングや首都圏の消費者に向けて大型展示販売会への出展をお手伝いしております。
多くの消費者に、久留米で作られた『made in 久留米』を紹介するとともに、商品に対する消費者及びバイヤーの声を直接聴く機会を得ることを目的に実施しています。
久留米商工会議所では、経営革新計画取得及び革新的な事業計画を持つ事業所支援のため、今後も『メイドイン久留米展事業』を展開して参ります。

久留米商工会議所メイドイン久留米展 開催REPORT

2020年度
「第90回東京インターナショナルギフト・ショーへ出展」

令和2年10月7日(水)~9日(金)、東京ビッグサイトにて、日本最大級のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市である『第90回東京インターナショナルギフト・ショー』が開催され、先進的な商品や革新的な事業計画を有する当所会員事業所5社が出展しました。

新型コロナウイルス感染症感染拡大により開催が心配されていましたが、予定の期日で実施され923社(メイドイン久留米展含む)もの企業が出展しました。
3日間の会期中には、コロナ禍にもかかわらず、新しい生活様式や巣ごもり需要の増加に対応した商品を求めるバイヤーが145,643人(昨年180,214人:第88回東京インターナショナルギフト・ショー秋2019)会場を訪れました。
当所では、同ギフトショー内に『メイドイン久留米展』と銘打ったブースを設け、ブースを訪れたバイヤーは出品された”化粧品”や”美容器具”、”日用雑貨”の説明を熱心に聞かれていました。
各社とも”メイドイン久留米”の商品を大いにPRするとともに、新たな販路開拓をすることができた展示会となりました。
出展いただいた事業所からは「決定権をもったバイヤーが来場されるため、具体的な内容の話からする事ができた」「コロナ禍により、日和見ではなく、本気で商品を求めているバイヤーが多く来場されていたため、今まで出展した展示会で一番の実りがある商談ができた」「会期中の3日間で約180社と商談をする事ができ、とても有意義だった」との声が上がりました。
当所では、今後ともがんばる事業所の支援を行う計画を実施していく予定です。

 

2019年度
「第14回地方銀行フードセレクションへ地元企業が出店」

9月19~20日、東京ビッグサイトにて、『第14回地方銀行フードセレクション』が開催され、当所会員事業所10社が出店されました。

この展示会は、主催する地方銀行の取引先で全国に向けた販路の拡大を希望する「食」関連の企業および団体と、百貨店、食品スーパーなどの食品担当バイヤーとの商談の場として、毎年開催されています。14回目を迎えた今回は、出展社数1,031社、2日間来場者13,412名といずれも過去最多を更新しました。
参加された企業からは「普段取引のないバイヤーとの商談ができた」「新商品の販路拡大には、大変効果のある展示会でした」等の感想が寄せられました。
今回参加された企業は、営業・商談の効率化が図られ、また業績アップにつながるような展示会となりました。

※「地方銀行 フードセレクション2019」開催報告はこちら
https://goodway.co.jp/fip/htdocs/jore6uqyc-3636/
お問合せ先 久留米商工会議所経営支援課 TEL33-0213