> 受験者への連絡・注意事項

平成28年度販売士検定試験要項(印刷用)
ダウンロード

学歴・年齢・性別・国籍などの制限はありません。

受験料

受験料
1級 7,710円
2級 5,660円
3級 4,120円

試験日・申込期間

第78回
(2級)
第78回
(3級)
第79回
(1級)
第79回
(2級)
第79回
(3級)
試験日 7月9日(土)
13:00〜
7月9日(土)
9:30〜
2月15日(水)
9:30〜
2月15日(水)
13:00〜
2月15日(水)
9:30〜
申込期間 5月9日(月)〜6月15日(水) 12月12日(月)〜1月18日(水)
インターネット申込者の 受験料支払期限 6月16日(木) 平成29年1月19日(木)
合格発表予定日 7月29日(金) 3月29日(水) 3月8日(水)

試験会場

久留米商工会館【予定】
※詳細は、受験票でご確認ください。

試験の種目・程度および内容

科目 制限時間 開始時間 【対象としている人物像】
程度・能力
1級 小売業の類型
(40分)
120分 9:30〜 小売業経営に関する高度な知識を身につけ、商品計画からマーケティング、経営計画の立案や財務予測、部下の悩みの解消等、経営管理についての適切な判断ができる。大規模小売店舗の店長や部長、中小小売業の経営者が対象。大手の小売業では、店長昇格のための条件にしているところもある。
マーチャンダイジング
(40分)
ストアオペレーション
(40分)
マーケティング
(40分)
80分
販売・経営管理
(40分)
2級 小売業の類型
(30分)
60分 13:00〜 小売店舗経営の仕組みを理解し、主として小売業の販売技術に関する専門的な知識を身に付け、販売促進の企画ができるとともに、部下の指導・養成ができる。売場を監督する中堅幹部クラスが対象。大手の小売業などでは部課長への昇進試験に活用しているところもある。
マーチャンダイジング
(30分)
ストアオペレーション
(30分)
90分
マーケティング
(30分)
販売・経営管理
(30分)
3級 小売業の類型
(20分)
100分 9:30〜 小売店舗運営の基本的な仕組みを理解し、販売員としての基礎的な知識と技術を身につけている。売場の担当者などが対象。最近では、小売業だけでなく、営業マンの必須知識として、社員教育に取り入れている卸売業や製造業なども増えている。
マーチャンダイジング
(20分)
ストアオペレーション
(20分)
マーケティング
(20分)
販売・経営管理
(20分)

合格基準

70点以上で、1科目ごとの得点が50点以上。

合格発表

個人で申込みの方(2〜3級)は、発表日にこちらのページでご確認ください。
※1級については、直接本人宛、成績表を郵送します。
※団体申込者は、各団体での発表となります(全級)。
※電話による合否の照会には、一切応じられません。

合格証書の交付

個人申込みの方

準備ができ次第、合格された方へ交付案内を送付します。その案内と引換えに窓口にて交付します。

団体申込みの方

各団体での交付となります。各団体からのご案内に従ってください。

科目免除について

試験科目の免除を申請される方は、受験申込時に次の証明書等を提示してください。

必要な証明書等 免除科目・試験
1級 1級販売士検定試験の「科目別合格証明書」 該当科目
2級 2級販売士養成講習会の「修了証明書」
(科目免除証明のあるもの)
販売・経営管理科目
指定2級販売士養成通信教育講座の「修了証明書」
(科目免除証明のあるもの)
販売・経営管理科目
3級 3級販売士養成講習会の「修了証明書」
(科目免除証明のあるもの)
販売・経営管理科目
指定3級販売士養成通信教育講座の「修了証明書」
(科目免除証明のあるもの)
販売・経営管理科目
商業経済検定試験の「合格証書」または「合格証明書」 下記の(注1)のとおり

詳しくは、下記サイトの「試験科目の一部免除について」をご参照ください。
1級販売士検定試験
2級販売士検定試験
3級販売士検定試験

パターン 全商協会商業経済検定
合格科目
日商3級販売士
免除科目
パターン1 ・ビジネス基礎
・マーケティング
(2科目)
・マーケティング
(1科目免除、試験時間は80分
20分×4科目)
パターン2 ・ビジネス基礎
・マーケティング
+
・商品と流通、国際ビジネス、 経済活動と法、ビジネス経済A、ビジネス経済Bの5科目のうちいずれか1科目(3科目合格)
・マーケティング
・販売・経営管理
(2科目免除、試験時間は90分)

試験当日(持参するもの)

受験票

筆記用具

(HBまたはBの黒鉛筆、シャープペンシル、消しゴム)

身分証明書

(原則として氏名、生年月日、顔写真のいずれも確認できるもの)
【運転免許証、パスポート、社員証、学生証など】

腕時計(置時計不可)

そろばん・電卓等の計算用具

受験者への皆様へ

【1級】
試験は、筆記試験(「小売業の類型」「マーチャンダイジング」「ストアオペレーション」「マーケティング」及び「販売・経営管理」の5科目)を行います。
ただし、前回あるいは前々回の販売士検定試験(1級)において、一部の科目について70点以上(面接試験の場合は合格)の成績を得た者に対しては、今回の検定試験において当該科目の試験が免除されます。なお、受験を希望する者は、当該免除科目を受験しても差し支えありませんが、この場合、当該科目に対する免除規定は適用されません。

【2級】
試験は、筆記試験(「小売業の類型」「マーチャンダイジング」「ストアオペレーション」「マーケティング」及び「販売・経営管理」の5科目)を行います。
筆記試験(全5科目)の全科目を受験しないと失格になります。

【3級】
試験は、筆記試験(「小売業の類型」「マーチャンダイジング」「ストアオペレーション」「マーケティング」「販売・経営管理」の5科目を一括して実施)を行います。
筆記試験(全5科目)の全科目を受験しないと失格になります。

【1〜3共通】

1.試験時間を間違えないように注意してください。開始時刻(午前9時30分)に遅れると、原則として受験できません。
2.試験会場では、受験票の番号と同じ番号の席に着いてください。
3.試験会場では、全て試験委員の指示に従ってください。指示に従わない方、あるいは不正行為を行った方は、退場していただくことがあります。
4.試験中は、勝手な発言をしないでください。質問があるときは、試験開始前に手をあげて試験委員に申し出てください。試験後の質問には応じません。
5.試験開始から20分間を経過しないと、退席は認めません。また、終了5分前からも退席は認めません。
6.答案記入上の注意

次の注意に反したときは、無効とします。

  • マークシート(答案用紙)には、受験番号、生年月日、職業別分類、免除科目の各欄に、記入・マーク漏れがないように、必ず記入するとともに、該当する番号をマークしてください。
  • マークシートにマークする際は、HBまたはBの硬度の鉛筆で所定の欄をはっきりと記入・マークしてください。
    (HBまたはB以外の硬さの鉛筆あるいはボールペン、万年筆等の筆記用具を使用した場合は、無効となります。)
  • 答を書き直す場合は、訂正する答を消し残しのないよう消しゴムで消して、答をマークし直してください。
  • 一つの設問について、答を全て同一記号(数字)の選択をした場合は、その設問は無効とし採点しません。例えば、全て1あるいは2、または1、2、3…などと順に選択した場合は、その設問は無効とし採点しません。
  • 同一の問題について、複数の答を選択した場合は、その問題は無効とし採点しません。
  • 免除科目のある方は、免除科目以外の科目を解答してください。免除科目に解答した場合は、採点対象になり、科目の免除措置は摘要されませんので注意してください。

7.合格者として認定を受けた方には、認定証(カード)、合格証書を交付します。希望者には、1級:1420円、2・3級:360円で合格章(バッジ)を交付しますので、希望される場合は、受験した商工会議所に申し出てください。
8.認定証(カード)は、合格後5年を経て資格の有効期間を更新する際に必要となりますので、大切に保管してください。
9.氏名、連絡先(自宅住所等)に変更があった場合は、受験した商工会議所または最寄りの商工会議所に必ず届け出てください。届出のない場合は、資格更新のご連絡がつかず、資格更新ができなくなりますので、ご注意ください。
10.合格証書を紛失した場合は、再発行しません。ただし、ご希望により合格証明書を発行しますので、受験した商工会議所または最寄りの商工会議所に申し出てください。また、認定証(カード)を紛失または破損した場合は、再発行します(3,090円(税込)の手数料が必要)ので、受験した商工会議所または最寄りの商工会議所に申し出てください。

受験者への連絡・注意事項

受験地

ここでご案内するのは、久留米市内で受験される方のみです。

受験料の返還

一度申し込まれた受験料の返還および試験日の延期・変更は認められません。

試験当日の交通手段

試験当日は、駐車スペースがありませんので、公共の交通機関でご来場ください。
自転車、バイクについては必ず駐輪場をご利用ください。

入場許可

試験会場には所定の申込手続きを完了した受験者本人のみ入場を許可します。

遅刻

試験開始後の試験会場への入場は認めません。

本人確認

受験に際しては、身分証明書を携帯してください。

試験中の禁止事項

次に該当する受験者は失格とし、試験途中で受験をお断りするとともに、今後も受験をお断りするなどの対応を取らせていただきます。

    • 試験委員の指示に従わない者
    • 試験中に、助言を与えたり、受けたりする者
    • 試験問題等を複写する者
    • 答案用紙を持ち出す者
    • 本人の代わりに試験を受けようとする者、または受けた者
    • 他の受験者に対する迷惑行為を行う者
    • 暴力行為や器物破損など試験に対する妨害行為におよぶ者
    • その他の不正行為を行う者
飲食、喫煙

試験中の飲食、喫煙はできません。

試験施行後に不正が発覚した場合の措置

試験の施行後、不正が発覚した場合、当該受験者は失格または合格を取り消し、今後の受験をお断りするなどの対応を取らせていただきます。

試験内容、採点に関する事項

試験問題の内容および採点内容、採点基準・方法についてのご質問には、一切回答できません。

答案の公開、返却

受験者本人からの求めでも、答案の公開、返却には一切応じられません。

合格証書の再発行

合格証書の再発行はできません。

試験が施行されなかった場合の措置

台風、地震、洪水、津波等の自然災害または火災、停電、システム上の障害、その他不可抗力による事故等の発生により、やむをえず試験が中止された場合は、当該受験者に受験料を全額返還いたします。ただし、中止にともなう受験者の不便、費用、その他の個人的損害については何ら責任を負いません。

答案の採点ができなかった場合の措置

台風、地震、洪水、津波等の自然災害または火災、盗難、システム上の障害等により、答案が喪失、焼失、紛失し採点できなくなった場合は、当該受験者に受験料を全額返還いたします。ただし、これにともなう受験者の不便、費用、その他の個人的損害については何ら責任を負いません。

申込方法【個人申込の方】

学校・企業等で、団体申込をご希望される場合、申込方法が異なりますので、事前に下記へお問合せください。

「窓口申込」・「インターネット申込」から選んでください。

お申込にあたってのご確認事項

  • 郵送による申込受付は行なっておりません。
  • お身体の障害などで、試験時に特別な配慮が必要な方は、必ず事前にご連絡ください。
  • 氏名の漢字はJIS第2水準までとします。ご自身で作成した外字や機種依存文字での入力はできません。
  • 申込後の取り消し、受験回の変更、受験地の変更はできません。
  • 申込期間を過ぎた場合は受付できません。

窓口申込

STEP1 申込期間中に、以下のものをご持参ください。

窓口の受付時間

(平日)9:00〜17:30
(土曜)9:00〜12:00
日曜・祝祭日・年末年始は受付不可。

必要なもの

  1. 受験料
  2. 【科目免除を申請の方のみ】科目免除証明書等
  3. 【1級受験の方のみ】顔写真 1枚
    ※最近3ヵ月以内に撮影した上半身、正面脱帽、無背景、
    タテ3cm×ヨコ2.5cm、裏面 に氏名、生年月日を記入してください。

申込受付窓口

久留米商工会議所 総務部会員サービス課
久留米市城南町15-5
電話:0942-33-0215
久留米商工会議所へのアクセス

STEP2 窓口の専用端末で受験者データを入力

  • 窓口の専用端末で受験者データを入力していただきます。
  • 受験票発行と引き換えに、受験料を納めていただきます。

インターネット申込

STEP1

「受験者への連絡・注意事項」を必ずご一読のうえ、同意してから簿記検定試験の申込専用サイトへ進んでください。

注意

  1. インターネットで申込みをされる場合、受験料とは別に540円の事務手数料が必要となります。
  2. 受験料をクレジットカード決裁、コンビニ決裁、Pay-easyでお支払いされた後の申込内容の変更・取消し・返金および次回への振替はできません。

STEP2 申込フォームより受験者情報を登録してください。

併願受験する場合は、必ず該当項目をお選びください。

  • メールアドレスも必ず入力してください。受付完了等の連絡をいたします。
  • Yahoo、hotmail、Gmailなどのフリーメールは、こちらからお送りしたメールが迷惑メールとして処理される可能性がありますので、絶対に使用しないでください。
  • 携帯電話のメールを入力する場合、お使いの携帯電話で迷惑メールフィルターを設定すると、迷惑メール処理され受付完了メールが届かない場合があります。その場合は、『kurume.or.jp』のアドレス(ドメイン)を受信できるよう設定の変更をお願いいたします。
    *設定の変更につきましては、各携帯電話会社のメール設定方法をご確認ください。
  • インターネットの接続障害など、不測の事態が発生した場合、受付期間中であっても本サービスを停止することがありますので予めご了承ください。

STEP3 「登録完了通知メール」が届きます。

  • 登録していただいたメールアドレスに宛に申し込み登録完了メールが届きます。受験票が届くまで大切に保存してください。
  • 決裁方法で「コンビニ決裁」を選択された方は、「払込番号」が記載されています。
  • Pay-easy」を選択された方は、「お支払い情報」が記載されています。
  • 「クレジット決裁」を選択された方は、申込み完了時にすでに決裁も完了しておりますので、受験票が送付されるのをお待ちください。

 

STEP4 「コンビニ決裁」「Pay-easy」を選択された方は、メールに記載されている指示に従って受験料をお支払ください。

  • お支払期日(インターネット受付期間の翌日まで)にお支払がなかった場合は、申込みは無効となり受験できません。
  • 払込金受領証等お支払いを証明する書類は、受験票が届くまで大切に保管してください。

 

STEP5 試験日の2週間前までに受験票が届きます。

【1級受験の方のみ】試験日の1週間前までに顔写真1枚(最近3ヵ月以内に撮影した上半身、正面脱帽、無背景、タテ3cm×ヨコ2.5cm、裏面 に氏名、生年月日を記入)を当所から送付する写真票に貼付し、郵送してください。写真の送付がない場合、受験できないことがあります。

【科目免除を申請の方のみ】試験日の1週間前までに科目免除証明書等のコピーを郵送してください。

送付先 830-0022 久留米市城南町15-5
久留米商工会議所 販売士検定担当宛

試験日の10日前になっても受験票が届かない場合、試験日1週間前までに久留米商工会議所 会員サービス課(電話0942-33-0215)までお問合せください。ご連絡いただけなかった場合に受験できなかった責任は負いかねますので、予めご了承ください。

パソコンからのお申込み

販売士検定試験インターネット申込サイトへ

携帯電話からのお申込み

QRコード
(携帯電話からのお申込みができます。QRコードを読み込んでアクセスしてください。)

1級

2級

3級

学習の方法

ハンドブックによる独学

1級試験問題の70%、2級の80%、3級の90%が、ハンドブックより出題されます。

金額(税込)
1級 9,500円
2級 8,000円
3級 7,000円

ハンドブックは、当所窓口にて販売しています。

指定通信教育講座の受講

日本商工会議所が指定した以下の養成通信教育講座でも学習できます。
受講修了者(スクーリングの修了を含む)は、2級および3級で「販売・経営管理科目」を免除します。

教育機関 電話番号
2級・3級 社団法人 日本販売士協会 03-3518-0191
1級・2級・3級 社団法人 公開経営指導協会 03-3542-0306
学校法人 産業能率大学 03-3704-9111
社団法人 日本経営協会 03-3403-6238

資格更新

販売士の認定期間は、5年間です。資格の更新は、各地商工会議所が開催する資格更新講習会や通信講座を受講することにより更新されます。
なお、その際には認定証が必要となりますので、必ず認定証(カード)を保管しておいてください。
また、当所に登録されてある更新対象の方へは郵送にて更新案内を送付します。氏名、住所等が変更になった場合は、最寄りの商工会議所へお知らせください。届出のない場合、資格の管理ができなくなることがあります。

お問い合わせ

久留米商工会議所 総務部会員サービス課
〒830-0022 久留米市城南町15-5
電話:0942-33-0215
FAX:0942-33-0933
E-mail:email hidden; JavaScript is required