出演時間は変更となる場合がございます。

水天宮船太鼓 

  

平成29年3月25日(土)
18:10〜18:15
入場無料&自由席

水天宮船太鼓の由来 
 今から約800年前、平氏と源氏は多くの戦をくり広げ、権力を争っていましたが、その最終決戦となった「壇ノ浦の合戦」は、当時6歳の幼い安徳天皇をはじめ、平家一族が最終的に海に身を投じ、没してしまわれたことにより決着しました。
 安徳天皇が海に身を投じられた際には、敵味方にかかわらず、両軍の兵士がこの幼い天皇の死を嘆き悲しみ、船の鐘や太鼓、船べりを叩いてお送りされたと言い伝えられています。
 安徳天皇を御祭神とする水天宮では、この言い伝えにならい、御神幸行事の船上で、安徳天皇と同じくらいの年齢の子供達が、太鼓をたたいて御慰めをする行事が永く続けられていました。
 現代においては「水天宮船太鼓」として、5月や8月の大祭、くるめ水の祭典のパレードのなかなどで、連帯感を培うための子供太鼓として披露されています。
 

MIOSIC

(ミオジック)
 

2017年3月25日(土)
18:30〜19:10
入場無料
ただし、18:00からの
ご入場の際に
招待券または整理券を
おもちの方から優先入場
となります

 

Webからのお申込みは締め切りました!
MIO(ボーカル/福岡県久留米市出身)
SHO(ギター、ボーカル/長崎県波佐見町出身)

 
 二人は2013年、ボーカルデュオとしてMIOSICを結成。
 精力的にオリジナル曲を制作し、東京を拠点に活動。
 国内ツアーは勿論、中洲ジャズはじめ各地音楽フェスティバルやイベントなどに多数出演、毎年年間100本以上のライブを行う。
 また海外でも上海JZフェスティバルに3回出場し、ファンを広げている。
 オリジナル曲のCDアルバムとして2013年「HERO」,2015年「Alwayz」をリリース。
 カバー曲アルバムとして2016年「Coverz」、そして同年MIOSIC制作オリジナルアコースティックアルバム「HanDmaDe」を発売。
 CDジャケットのデザイン画はMIOの作品、MIOSICオリジナルグッズも製作し、その個性的なデザインからファンも多い。
 また、コマーシャルタイアップソングやプロジェクトテーマソングなども手掛けており、親しみやすいメロディー、楽しくしかも優しいエールソング、メッセージソングなどの楽曲を提供している。
 二人の息の合った心地よいサウンドは聴く人を魅了する。
 今後もハーモニーを活かした楽曲を精力的に制作し、オンリーワンの音とステージングで国内外に積極的に活動を広げていく
 
 
  MIOSIC Official Blog http://ameblo.jp/miosic30/
 
  Facebook


 

COOL M.B

(ク−ル エム.ビー)
 

2017年3月25日(土)
19:25〜20:05
入場無料
ただし、18:00からの
ご入場の際に
招待券または整理券を
おもちの方から優先入場
となります

 
Webからのお申込みは締め切りました!
 

 ソウルフルで美しいメロディを放つDaihey&Yas-Oによる久留米出身の兄弟デュオ。
 2001年の初リリースから現在まで数多くの作品を発表し、現在も日本各地で精力的にライブ活動を行っている。
 久留米のふるさと大使や静岡県の観光大使、長崎県松浦の観光大使、2014年より日本UNICEF協会の認定アーティストとして全国各地で活躍中。
 二人の歌唱力&抜群のハーモニーに是非!ご注目ください。
 
Official Web site http://www.coolment-bros.com
 

整理券は、水天宮、久留米商工会議所で配付しております
整理券をお持ちのお客様から優先入場となります
(整理券がなくても観覧可能です)